サーフィンとは

サーフィン(surfing)とは、ウォータースポーツの一種で、サーフボードなる板に乗って、波の上を滑走するスポーツをいいます。ちなみに、サーフィンをしている人は「サーファー」と呼ばれます。
 サーフィンとは、とても歴史の古いスポーツで、はっきりわかる限りでも、西暦400年には既に存在していたようです。サーフィンの発祥には諸説あるようですが、その中で最も信憑性が高いのは、ポリネシア起源説。ボートを用いた波乗りから、さらに手軽な木の板による波乗りに移行していったようです。
 サーフィンとは、もともとは実用的なものだったようですが、現在ではすっかりスポーツとして定着しました。実際、波に乗ることはとても楽しいもの。とはいえ、サーフィンは海難事故と常に隣り合わせですから、サーフィンを楽しむ際は、十分すぎるくらい安全に留意したいものです。
サーフィンを初めて日本に持ち込んだのは、俳優・歌手の加山雄三氏。そしてその発祥の地は、神奈川県藤沢市の鵠沼海岸および鎌倉市と言われています。
サーフィンはこうして1960年代後半には日本にもかなり広まり、各地にサーフショップが開店されるに至りました。この頃「全日本サーフィン大会」なるものも始まっています。
サーフィンとは、楽しいスポーツである反面、そのテクニックは高度で、しかもある程度の危険も伴うものです。サーファーの事故も後を絶ちません。くれぐれもサーフィンは安全に楽しみたいものですね。

サーフィンの始め方

サーフィンを始めようと思っている人にとって、特に気になることは、サーフィンの道具の値段と難易度といったところではないでしょうか。よって、サーフィンを始める際は、必要コストと難易度に焦点を絞った情報が欲しいところです。
サーフィンのポピュラーな始め方としては、やはりまずは道具をそろえること。特にローコストの始め方を挙げるなら、以下の装備から入るといいでしょう。
・ボード(フィンなどの付属品を含む)
・流れ止め
・滑り止め
・水着
サーフィンは、夏ならウェットスーツなしでもできます。「お試し」と思っている方などは、こうした始め方でもいいでしょう。

サーフィンの安全な始め方

サーフィンの始め方としては、
(1)道具をそろえる
(2)海に繰り出す
簡単に言ってしまうと、たったこれだけのことですが、(1)はお金と知識さえあればすぐに何とかなるものの、(2)のほうはなかなか面倒です。わたしも試してみましたが、やはりサーフィンの始め方としては、単に道具だけあってもダメで、サーフィンのテクニックに関するある程度の基礎的な知識が必要なのでした(泣)。
サーフィンの確実かつ安全な始め方としては、それなりに信用できる道具をそろえた上で、サーフィンに熟練した人に同行してもらうのがいいでしょう。そういう人が近くにいると、テクニックを教えてもらえるのはもちろんですが、サーフィンをする上で生じる危険のへの対処法をも学ぶことができます。 
サーフィンを始めるなら、安全な始め方でいきたいものですね。

スポンサードリンク